こんにちは音譜

花スタッフの小並ですクローバー

伊藤のブログにもありましたが11月になったということで

クリスマスカラーとなったエスポワール(*^^*)クリスマスツリー

出かけ先でもクリスマスソングが流れ始めていて

「もうそんな季節か…」と

そんなことを感じる頃となってきました。

毎日が本当に早くてびっくりです(^▽^;)!!

10月のハロウィンが終わって次のイベントといえば

………そう!!!!!七五三ですキラキラ

七五三ってお着物を着て神社へお参りに行って

写真を撮って千歳飴を食べたなという思い出が

ありますが本当はどんな意味があるんだろう…と。

どうやら、七五三の起源は室町時代といわれていて

江戸時代の武家社会を中心に関東から

全国へ広まったとされているそうですひらめき電球

七五三のお祝いは今まで無事に成長したことへの感謝と幼児から

少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を

持っていたようですよアップ

そのような背景から子供の成長と幸せを願い、

神様にお祈りと感謝をするお祝いとして普及し

明治時代に現在の形になったと言われているのだそうです合格

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に

それぞれの意味を持ちお祝いするしきたりで、

3歳…男女とも髪を伸ばし始める “髪置(かみおき)”

5歳…男の衣服である袴を着る  “袴着(はかまぎ)”

7歳…女の子の着物帯の装い始め “帯解(おびとき)”

3歳で言葉を理解するようになり、5歳で知恵づき、7歳で乳歯が

生え代わるなど発育していくうえで病気にもなりやすく

様々な危険を伴う時期なので、健やかな成長を

氏神様にお祈りする、現代的にいえば子どもを思う

ご両親の愛情表現の行事という意味合いが強くなっています。

そして、千歳飴は江戸時代に子供の健やかな成長と

長寿の願を込めて「長く伸びる」という縁起にあやかって

おめでたい紅白の長い棒飴がつくられたと言われているようで

袋にには、「寿」の文字や「松竹梅」、「鶴は千年、亀は万年」も生きる

という縁起のいい絵柄が描かれていることが多くありますカメ

あらためて由来などを調べてみると、

こんな意味があったんだなあと勉強になりますねえっメモ

エスポワールももう11年目となりますドキドキ

結婚式を挙げた場所で今度は

子供たちの成長のお祝いにお写真を撮ったら

親子で大事な思い出の場所となって素敵ですね音譜

エスポワールのスタッフも成長を楽しみにしておりますので

ぜひ、七五三のお祝いにいらしてみてくださいニコニコ

暦の上でも大寒に突入して毎日がどんどん寒くなって

いきますのでくれぐれも風邪など体調にお気をつけて下さいねベル

エスポワールの公式ホームページ
http://www.villa-de-espoir.info

レストラン公式ページ
http://www.villa-de-espoir.info/restaurant/

ショップ公式ページ
http://villa-de-espoir.info/e-commex/cgi-bin/ex_index.cgi

こだわりのレストランブログ
http://ameblo.jp/espoir-restaurant

イベントご案内ページ
http://espoir.dmjapan.jp/category/1795354.html

エスポワールではウエディングサービスのほか、
レストランなど一般の方向けのサービスを多数ご用意しています。
また、フリーマーケットなどのイベントも開催しております。

各SNSでもエスポワールの日常を発信しています。